Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

染の小道 | December 1, 2021

Scroll to top

Top

No Comments

「染の小道 2022」開催に向けて

「染の小道 2022」開催に向けて

平素より「染の小道」の活動にご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございます。新型コロナウイルスの流行は一服した感はありますが、まだ予断を許さない状況です。
そこで来年2月に開催を控えた「染の小道」では、下記の基準を定め実行に向けて準備を進めます。何卒主旨ご理解のうえ、温かく応援いただければ幸いです。

開催日程:2022年2月25日(金)〜27日(日)の3日間

◎ 道のギャラリー「のれんの展示」
基本的に店舗の外側であり人もそれほど集中するわけではないことから、下記の基準とします。
① 通常状態▶︎ 通常展示
② まん延防止等重点措置が発令見込み▶︎ 通常展示
③ 緊急事態宣言が発令見込み▶ 展示自体は実施し、ネット中継などでその様子を発信

◎ 川のギャラリー「川への反物の展示」
屋外ではありますが混雑が予想されるため、下記の基準とします。
① 通常状態▶︎全体展示(大正橋〜栄橋間:約25スパン)
② まん延防止等重点措置が発令見込み▶縮小展示(寺斉橋〜栄橋間:約10スパン)
③ 緊急事態宣言が発令見込み▶最小展示(寺斉橋〜ふれあい橋間:3スパン)

【上記の基準に従い、2022年2月14日(月)時点の状況で最終判断】

▼その他の事項

◎ 小学校の会場での大型展示
現時点で体育館などの確実な貸し出しが見込めないことから、中止とします。

◎ パンフレット
1月下旬の配布開始を目標に、A3判二つ折の簡易パンフレットを制作予定です。パンフレットに収まらないのれんの作品情報などは、インターネットで補完します。

◎ パンフレットへの広告掲載
大型広告:紙面が限られることから、2万円枠のみとなります。制作の都合上、11月中を申込期限といたします。ご希望の方はご相談ください。
一行広告:紙面が限られることから、今回は割愛いたします。その代替として、インターネット発信用のPRコメントを1月頃に募集する予定です。

2021年11月吉日
染の小道実行委員会 代表 高市 洋子

Tags
Next Story

この記事が最新です

コメントを書く